PCソフト

「Firefox Quantum」でサイト別設定を管理--少しの手間でより高いセキュリティと信頼性

Mozillaの新ブラウザ「Firefox Quantum」でサイト別設定を変更する方法を解説する。「Google Chrome」ほど簡単ではないかもしれないが、サイトがブラウザ上の何にアクセスできるかを制御する機能は強力だ。

 「Firefox Quantum」への移行を果たした人は、おそらく素晴らしい速度と信頼性を楽しんでいるはずだ。しかし、柔軟性がないという理由で、Firefoxは無価値だと決めつけてはいけない。Firefoxには、柔軟性があるからだ。とはいえ、ライバルの「Google Chrome」と違って、Firefoxの柔軟性の一部はそれほど明白ではない。例えば、サイト別設定について考えてみよう。ほとんどのブラウザでは、各URLがブラウザ内で何にアクセスできるかをサイトごとに決めることが可能だ。位置情報や「Flash」、アドオンのインストール、画像の読み込みなど、多くの設定を制御できる。重要なのは、Chromeだと、それらのサイトの設定が非常に明白である、ということだ。情報ボタン(サイトのURLのすぐ左。図Aを参照)をクリックするだけで、サイト別設定に瞬時にアクセスできる。

図A:Chromeだと、サイト別設定は非常に分かりやすい。
図A:Chromeだと、サイト別設定は非常に分かりやすい。

 Firefoxにもそれらのサイトの設定は存在するが、Chromeほど分かりやすくはない。お察しの方もいるかもしれないが、実は、制御できる項目の数はChromeよりFirefoxの方が多い。それでは、Firefox Quantumでサイト別設定にアクセスする方法を見ていこう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1608文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]