RDBMS 日本マイクロソフト

SQL Server 2017:LinuxやDockerでも稼働するデータベース--グラフにも対応

データベース「SQL Server 2017」は、LinuxやDockerでも稼働する。R言語やPythonにも対応し、グラフデータベースにも利用できる。クエリの実行も動的に最適化できる。

SQL Server 2017のポイント

  • LinuxやDockerでも稼働
  • インメモリでのオンライントランザクション処理も利用できる
  • RやPythonに対応、グラフデータベースも利用

SQL Server 2017の製品解説

 日本マイクロソフトの「SQL Server 2017」は、Windows Serverに加えて、Linuxでも稼働するデータベース。Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu Linux、SUSE Linux Enterprise Serverに対応する。Windows Server/Linux/Windows/macOSのDockerでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 更新系のオンライントランザクション処理(OLTP)と参照系のデータウェアハウスの処理で高い性能を出せるようになっている。インメモリでのOLTPも利用できる。

 オープンソースの統計分析用言語「R」での分析ができ、アドオンなしに1秒あたり100万件の予測を生成できるとしている。SQL Server内でPythonも利用できる。データとデータをリンクさせて、データ間の関連性を表現するグラフデータベースも利用できる。

 暗号化したままデータを処理できる。クエリの実行も動的に最適化可能。実行タイミングの処理対象に適応した形でクエリの実行プランが自動的に最適化される。

 自動チューニングも強化されている。自動チューニングを有効にすることで、実行プランの変化による実行効率の低下を自動的に検知し、過去に実行されたプランから効率のいい形を使用するように設定できる。

SQL Server 2017のまとめ
用途と機能データベース管理システム
特徴LinuxやDockerでも稼働。R言語での分析ができ、アドオンなしに1秒あたり100万件の予測を生成。インメモリでのOLTPも利用できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 世界的コンサルが直面したITプロジェクトの課題とは?可視化・省力化などを果たした解決への道に迫る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]