RDBMS 日本マイクロソフト

SQL Server 2017:LinuxやDockerでも稼働するデータベース--グラフにも対応

データベース「SQL Server 2017」は、LinuxやDockerでも稼働する。R言語やPythonにも対応し、グラフデータベースにも利用できる。クエリの実行も動的に最適化できる。

SQL Server 2017のポイント

  • LinuxやDockerでも稼働
  • インメモリでのオンライントランザクション処理も利用できる
  • RやPythonに対応、グラフデータベースも利用

SQL Server 2017の製品解説

 日本マイクロソフトの「SQL Server 2017」は、Windows Serverに加えて、Linuxでも稼働するデータベース。Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu Linux、SUSE Linux Enterprise Serverに対応する。Windows Server/Linux/Windows/macOSのDockerでも稼働する。

編集部おすすめの関連記事

 更新系のオンライントランザクション処理(OLTP)と参照系のデータウェアハウスの処理で高い性能を出せるようになっている。インメモリでのOLTPも利用できる。

 オープンソースの統計分析用言語「R」での分析ができ、アドオンなしに1秒あたり100万件の予測を生成できるとしている。SQL Server内でPythonも利用できる。データとデータをリンクさせて、データ間の関連性を表現するグラフデータベースも利用できる。

 暗号化したままデータを処理できる。クエリの実行も動的に最適化可能。実行タイミングの処理対象に適応した形でクエリの実行プランが自動的に最適化される。

 自動チューニングも強化されている。自動チューニングを有効にすることで、実行プランの変化による実行効率の低下を自動的に検知し、過去に実行されたプランから効率のいい形を使用するように設定できる。

SQL Server 2017のまとめ
用途と機能データベース管理システム
特徴LinuxやDockerでも稼働。R言語での分析ができ、アドオンなしに1秒あたり100万件の予測を生成。インメモリでのOLTPも利用できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan