人材採用

2018年のアウトソーシングトレンド--企業やIT部門への影響を予想

世界中で起きているテクノロジ環境の変化によって、企業にもアウトソーシングプロバイダーにも新たな期待が生まれ、サポートレベルも高まっている。

 技術系人材が不足するなか、多くの企業がIT人材のアウトソーシングに目を向けている。ビッグデータの準備やサイバーセキュリティといった作業の実施をアウトソーシングすることで、社内の給与を抑え、既存の従業員が他の業務をこなせるようにするためだ。

 統計学専門企業のStatistaによると、2017年のグローバルでのアウトソーシング市場は889億ドルに達し、2018年もその規模を保つという。中でもビジネスサービスやエネルギー、ヘルスケア業界におけるアウトソーシング市場の規模は確固たるものだとしている。

 ここで、ITアウトソーシング企業SenecaGlobalのグローバルプロダクトマネジメントリーダー、Srini Vemula氏による6つの予測を紹介しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1813文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan