人材採用

2018年のアウトソーシングトレンド--企業やIT部門への影響を予想

世界中で起きているテクノロジ環境の変化によって、企業にもアウトソーシングプロバイダーにも新たな期待が生まれ、サポートレベルも高まっている。

 技術系人材が不足するなか、多くの企業がIT人材のアウトソーシングに目を向けている。ビッグデータの準備やサイバーセキュリティといった作業の実施をアウトソーシングすることで、社内の給与を抑え、既存の従業員が他の業務をこなせるようにするためだ。

 統計学専門企業のStatistaによると、2017年のグローバルでのアウトソーシング市場は889億ドルに達し、2018年もその規模を保つという。中でもビジネスサービスやエネルギー、ヘルスケア業界におけるアウトソーシング市場の規模は確固たるものだとしている。

 ここで、ITアウトソーシング企業SenecaGlobalのグローバルプロダクトマネジメントリーダー、Srini Vemula氏による6つの予測を紹介しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1813文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]