勤怠管理・労務管理 アマノ

TimePro-NX:人事情報登録と検索を搭載する労務管理ソフトウェア

労務管理ソフトウェア「TimePro-NX」は、人事情報登録と検索の機能を標準で搭載。計算区分や項目数を拡張させ、細分化、複雑化する計算仕様に対応できるようになっている。

TimePro-NXのポイント

  • 「勤務間インターバル」の状況を本人が確認、退勤時に通知
  • 時間外申請時間と実際の勤務時間の差を抽出して把握
  • 人事情報と勤怠管理を見ることで“健康経営”も支援

TimePro-NXの製品解説

 アマノの「TimePro-NX」は、就業・給与の機能に人事情報登録と検索機能を標準で搭載した人事労務管理パッケージ製品。「TimePro-XG」に比べてタッチ操作のメニュー選択やよく使うメニューのグループ化など操作性を向上させている。

編集部おすすめの関連記事

 計算区分や項目数を拡張させ、細分化、複雑化する計算仕様に対応できるようになっている。育児、介護休業などの法令対応やさまざまな業務形態もカバー。効率運営を支援する。また、マイナンバー制度などの最新の法令にも対応し、過重労働の抑止なども促進できる。

 働き方改革支援として、「勤務間インターバル」の状況を本人が把握できる機能が搭載されている。関連して、退勤打刻時に音声と画面で「明日の業務開始時刻は7時30分以降としてください」のように通知する。

 時間外申請時間と実際の勤務時間の差を抽出し、適正に申請されているかを把握できるようになっている。サービス残業や残業代未払いなどの問題も抑止する。

 トップページで時間外労働時間が多い従業員を表示、時間外労働の予兆を把握することで業務を分担したり事前にサポートしたりできる。時間外労働時間は表とグラフに出力できる。

 人事情報と勤怠管理をあわせて利用することで“健康経営”の視点からシステムを活用可能。健康診断の結果を登録して、有所見者を検索して、該当した従業員の時間外労働時間とあわせて確認できる。

 日々の業務をナビメニューでガイドするので、画面に従うだけで業務が完了できるほか、動画によるヘルプ機能を搭載するなど、ユーザーへやさしい操作環境を提供する。

TimePro-NXのまとめ
用途と機能就業・給与の機能に人事情報登録と検索機能を標準で搭載した人事労務管理パッケージ
特徴「勤務間インターバル」の状況を本人が確認。時間外申請時間と実際の勤務時間の差を抽出し、適正に申請されているかを把握。トップページで時間外労働時間が多い従業員を表示
税別価格基本ライセンス:150人までで52万4000円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan