暗号化 情報漏えい対策 日立ソリューションズ

秘文 Data Encryption:ディスクやメディアを暗号化する情報漏洩防止ソフト

社内のハードディスクや持ち出しメディアのデータを暗号化することによって情報漏洩を防止する。外部からの攻撃に備えるマルウェア対策機能に加えて、独自の拡張認証パスワード入力も設定できる。

秘文 Data Encryptionのポイント

  • OS管理領域にアクセスを許可するプログラムを設定可能
  • ドライブ単位で暗号化でき、暗号化/復号化を意識せずにPCを利用
  • ユーザー名とパスワードに加え、独自の拡張認証パスワード入力を強制

秘文 Data Encryptionの製品解説

 日立ソリューションズの「秘文 Data Encryption」は、情報が社外に出た場合でもその中身を見せないことで、機密の漏洩を防止する情報漏洩を防止するソフトウェア。マルウェア対策と暗号化、認証の3つの機能で外部からの攻撃や内部不正、メディアの紛失などによる情報漏洩を防止する。年間利用ライセンスのサブスクリプション版と買取ライセンスのパッケージ版の2種類が用意される。

編集部おすすめの関連記事

 機密データやMster Boot RecordなどのOS管理領域にアクセスを許可するプログラムを設定できる。

 安全性が確認できるプログラムのアクセスのみを許可することで、機密データやOS管理領域がマルウェアなどの不正なプログラムに破壊されたり情報を窃取されたりすることを防止できる。暗号化されている機密データはもちろん、暗号化されていない機密データ、OS管理領域へのアクセスを禁止することも可能だ。

 データを暗号化することで、情報が社外に出た場合やメディアを紛失した場合の情報漏洩を防止する。ハードディスクはドライブ単位で暗号化でき、正規ユーザーは暗号化/復号化を意識せず、通常通りの操作でPCを利用できる。

 社内で利用されるメディア内のデータは、社内でのみ復号可能な形式で暗号化される。暗号化されたデータは、社内で利用する場合には自動的に暗号化/復号化されるため、利用者への負担なくメディアのやり取りが可能だ。

 社外に持ち出すメディアについては、内部のファイルをパスワードで復号できる形式に暗号化する。本システムを導入していないPCでも、パスワードによって復号する。

 この形式での暗号化ファイルのみをメディアにコピーできるよう設定できるため、暗号化されていないデータの持ち出しを防止する。同社の「秘文 Server」と連携して、ファイルサーバの共有データをフォルダ単位で自動的に暗号化することも可能だ。

 認証を強化して、PCそのものを保護する機能も備えている。Windowsのログイン時にWindowsのユーザー名とパスワードに加え、独自の拡張認証パスワード入力を強制することで認証を強化し、PCの盗難や紛失時の情報漏洩を防止することが可能になる。

秘文 Data Encryptionのまとめ
用途と機能暗号化して情報漏洩を防止
特徴暗号化/復号化を意識せず、通常通りの操作でPCを利用できる。社内で利用されるメディアは、社内でのみ復号可能な形式で暗号化。社外に持ち出すメディアについては、内部のファイルをパスワードで復号できる形式に暗号化。独自の拡張認証パスワード入力を強制することで認証を強化
税別価格クライアントPC1台あたり
サブスクリプション版:年額5000円
パッケージ版:1万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「暗号化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]