オフィスソフト

「Word」での作業を効率化--10の時短テクニック

この記事では、「Microsoft Word」で作業時間を短くできるコツを10個紹介する。決して目新しいものではないが、読者の皆さんも初めて知ったというものがいくつかあるかもしれない。

 たいていの人は、スタイル、キーボードショートカット、書式のコピー/貼り付けの使用といった効率的なコツを、初心者の頃に覚える。しかし、ご存じのように、熟練した人でも面倒なやり方をしていることがある。この記事では、「Microsoft Word」で作業時間を短くできるコツを10個紹介しよう。決して目新しいものではないが、読者の皆さんも初めて知ったというものがいくつかあるかもしれない。

1:「定型句」機能でキーボード操作を減らす

 よく使うテキストやグラフィックスを「定型句」にすれば、手動で入力しなくてよくなる。キー操作が減って誤入力の可能性が下がるだけでなく、定型句を組織内のほかの人と共有することもできる。それには、まず普通にテキストを入力し(あるいはグラフィックスを挿入し)、必要なら書式を設定する。次に、登録したい内容を選択した状態でAltキーとF3キーを押す。図Aのように、内容がわかる短い名前を入力する。Wordはデフォルトでは、定型句を標準テンプレートに保存する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3366文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]