AI・機械学習 クラウドサービス クラウド

人工知能プラットフォームで連携を拡大したセールスフォースとIBM

セールスフォースとIBMは米国時間1月19日、両社の戦略的パートナーシップを拡大すると発表した。具体的には、「IBM Cloud」と「IBM Watson」の各サービスを「Salesforce Quip」「Salesforce Service Cloud Einstein」と組み合わせる。

 SalesforceとIBMは米国時間1月19日、両社の戦略的パートナーシップを拡大すると発表した。具体的には、「IBM Cloud」と「IBM Watson」の各サービスを「Salesforce Quip」「Salesforce Service Cloud Einstein」と組み合わせることを、両社が同日の共同プレスリリースで明らかにした

 エンタープライズ分野におけるAIやビッグデータの価値が高まる中、SalesforceやIBMのような大手テクノロジ企業がそれぞれの人工知能(AI)プラットフォームを連携することは、こうした動きを後押しするものだ。特にAIは企業にとっての戦略的技術の1つとして脚光を浴びつつある。今回、2社の最高経営責任者(CEO)らが両社の戦略的パートナーシップを通じて、AIを強化する動きに出たことは、そうした趨勢を明確に示す事例になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1036文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]