クラウドサービス コミュニケーション オフィスソフト

「G Suite」の管理--サードパーティーアプリへのSSOと自動プロビジョニングを設定

「G Suite」でシングルサインオン(SSO)と自動プロビジョニングを設定する方法を解説する。SSOはアカウント保有者のアクセスを、自動プロビジョニングはG Suite管理者の管理作業をそれぞれ簡素化する。

 「G Suite」を使用する組織に新たに就職すると、アカウント名とパスワードを与えられる。さらに、人事システムやコラボレーションツール、メッセージングアプリ、電話または会議システム、1つまたは複数のデータベースなど、ほかの複数のサービスにサインインする必要が生じる可能性も高い。

 Googleは、G Suiteユーザーおよび管理者がこれら全てのアカウントの管理を簡素化できるように支援する手段を2つ提供している。シングルサインオン(SSO)と自動プロビジョニングだ。SSOは、アカウント保有者の作業を楽にしてくれる。アカウント保有者は、自分のG Suiteアカウントサインイン情報だけ覚えておけばいい。つまり、記憶すべきサインイン認証情報が少なくなる。さらに、組織のヘルプデスクがパスワードリセットの要請を受けることも減るかもしれない。自動プロビジョニングは、G Suite管理者の管理作業を簡素化する。具体的には、アカウントを作成、変更、または削除する際の手順が少なくなる。いずれも使用前に、G Suite管理者による設定が必要だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2363文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]