開発 開発ツール

1つのプログラミング言語に固執するのは危険--開発者のキャリア選択肢が限られる理由

開発者は複数の言語を扱えるようになるべき、とコーディングスクールのCoding Dojoは最新調査の結果から指摘している。

 開発者の人に覚えておいてもらいたいことがある。たったひとつのプログラミング言語しか学んでいないと、今後のキャリアの選択肢がかなり限られると、コーディングスクールのCoding Dojoが新たに発表したレポートで述べている。同レポートによると、Fortune 500企業のトップ25社のうち、提供する製品やサービスにたったひとつのコーディング言語しか使っていない企業は1社もないという。使用している平均言語数は4言語とのことだ。

 ソフトウェア開発の現場は常に変化しており、数年間で数多くの言語が誕生しては廃れていく。現場での即戦力を維持するため、開発者は継続して新たなスキルに挑戦し、腕に磨きをかけなくてはならない。

 「要件によってツールやアプリケーションを変えるのと同じで、企業は要件ごとに異なるコーディング言語を使う。1つの言語がすべてに対応することはない」と、Coding Dojoのカリキュラム長であるSperos Misirlakis氏はプレスリリースにて述べている。「ある仕事に特定の言語を使うことはあっても、1言語に注力すると長期的には行き詰まることが今回の調査でわかった。現場で働く有望な開発者は、コーディング言語の共通的な基礎を学び、最終的に複数の言語を扱えるようになるべきだ。そうすれば適応性と柔軟性が養われ、キャリアの成功につながる」(Misirlakis氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1740文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]