ストレージ

エンタープライズストレージの基礎用語--非技術者に向けて解説

エンタープライズストレージには膨大な数の用語があり、専門家でなければ分からない難解な用語も多い。技術職以外の人や、ストレージの基礎を学ぼうとしている人のために、必須の用語だけをまとめたストレージ用語集を作成した。

 Storage Networking Industry Association(SNIA)が 先ごろ改訂した技術用語辞典は、致命的な欠陥を抱えている可能性がある。専門家でなければ理解できないような項目が含まれているという点だ。そこで米TechRepublicは、専門家ではない人のために独自のストレージ用語集を作成することにした。

 SNIAの用語辞典には、「A」で始まる用語が100語以上含まれるが、われわれの用語集に含まれる用語は全部で40語にも満たない。だが、これらは必ず定義を知っておくべき用語だ。これらのストレージ用語を覚えれば、言葉に知性がにじむようになり、ITディレクターに耳を傾けてもらえるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6938文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]