コミュニケーション

「Slack」のプライベートな共有チャンネル機能--外部企業とのやり取りをより安全に

Slackは米国時間1月16日、同プラットフォーム上で複数の組織による協業を可能にするプライベートな共有チャンネル機能を発表した。

 Slackは米国時間1月16日、同プラットフォーム上で複数の組織による協業を可能にするプライベートな共有チャンネル機能を発表した。このプライベートな共有チャンネルは、部外秘または機密のデータを扱う企業にとって最適なオプションになる可能性があると、米TechRepublicの姉妹サイトである米ZDNetは述べている

 Slackは、「Shared Channels」(共有チャンネル)のベータ版を2016年9月にリリースした。Shared Channelsでは、企業やベンダーなど、さまざまな組織の従業員が同プラットフォーム上でやりとりすることができる。17日付けのSlackのブログ投稿によると、Slackの有料ユーザーの3分の1以上が既にShared Channelsのベータ版を使用しており、ベンダーとの調整、代理店との企画立案、顧客へのサービス提供などのタスクを遂行しているという。

 通常のプライベートチャンネルと同じように、Slackユーザーがプライベートな共有チャンネルを確認したり、参加したりするには、招待を受ける必要があると、同投稿は述べている。ただし、公開されている共有チャンネルの内容が社内の他のユーザーから検索可能であるのに対し、非公開の共有チャンネルの内容は、そのグループのメンバーでない限り、検索結果に表示されることはない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約619文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]