開発 開発ツール

GPIOヘッダ装着済みの「Raspberry Pi Zero WH」--はんだ付け不要で利用が容易に

Raspberry Pi Foundationは、40ピンヘッダがあらかじめはんだ付けされている「Raspberry Pi Zero WH」を新たにリリースした。

 価格がわずか10ドルの「Raspberry Pi Zero W」は、シンプルなコーディングやハードウェア改造プロジェクトを始めるのに最適なコンピュータだ。

 ただし、Zero Wを箱から取り出したままでは新しいハードウェアに接続することはできない。初めて使うユーザーは、その前に、はんだごてを用意する必要がある。

 この障壁を取り除こうと、Raspberry Pi Foundationが新たにリリースしたのが、「Raspberry Pi Zero WH」だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1206文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  3. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan