開発 開発ツール

GPIOヘッダ装着済みの「Raspberry Pi Zero WH」--はんだ付け不要で利用が容易に

Raspberry Pi Foundationは、40ピンヘッダがあらかじめはんだ付けされている「Raspberry Pi Zero WH」を新たにリリースした。

 価格がわずか10ドルの「Raspberry Pi Zero W」は、シンプルなコーディングやハードウェア改造プロジェクトを始めるのに最適なコンピュータだ。

 ただし、Zero Wを箱から取り出したままでは新しいハードウェアに接続することはできない。初めて使うユーザーは、その前に、はんだごてを用意する必要がある。

 この障壁を取り除こうと、Raspberry Pi Foundationが新たにリリースしたのが、「Raspberry Pi Zero WH」だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1206文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan