AI・機械学習

デジタルアシスタントで消費者にリーチするには--グーグルが明かしたユーザー行動傾向

グーグルが最近発表した調査結果によると、スマートスピーカを毎月使用するユーザーの4分の3近くは、少なくとも1日に1回は利用すると回答したという。

 Googleが最近発表した調査結果によると、スマートスピーカを毎月使用するユーザーの4分の3近くは、少なくとも1日に1回は利用すると回答したという。

 その一方で、 Canalysは最も急速に成長しているコンシューマーテクノロジとして、スマートスピーカを挙げた。同社によると、スマートスピーカは2018年に世界で5630万台売れる見通しだという。コンシューマーによる購入が増加しているので、ブランドは広告やプレミアムコンテンツによってこの市場に進出する方法を模索した方がいいかもしれない。

 Googleによると、コンシューマーは実際にデジタルアシスタントを通して、ブランドと対話したいと考えているという。この新興技術を通して顧客にリーチすることを望む企業は、何を提供すればいいのだろうか。顧客が良いと思っているのは、以下の5つだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約834文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  3. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  4. ITRレポート 「ビジネスに貢献するIT」実現のためのクラウド選定指針
  5. 今後10年のIT基盤はサーバ主導で「情報駆動型」「自動化」へ--その具体的な選択肢

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan