セキュリティ

サイバーセキュリティで2018年に警戒すべきこと--クリプトジャッキング、AI、IoTなど

インドのセキュリティ企業Quick Heal Technologiesは、2018年のサイバーセキュリティを取り巻く環境が2017年よりも悪化すると警告した。そのうえで、セキュリティ分野において予測される主な事柄を6つ挙げた。

 インドのセキュリティ企業Quick Heal Technologiesは、2018年のサイバーセキュリティを取り巻く環境が2017年よりも悪化すると警告した。そのうえで、セキュリティ分野において予測される主な事柄を6つ挙げた。

1. 悪質化するランサムウェア

 ランサムウェアは、単なるマルウェアの一種という状態にとどまらず、ランサムウェア・アズ・ア・サービスに支えられるビジネスへと進化している。経験豊富なランサムウェア開発者が、オンラインのブラックマーケットで犯罪初心者に攻撃コードを販売する、というサービスが機能している。攻撃は多くの利益をもたらすことから、暗号技術が強化されたり、アンチウィルスソフトウェア対抗策が高度化したりするようになるという。

2. 暗号通貨を不正マイニングするクリプトジャッキング

 クリプトジャッキングとは、ウェブサイトなどに暗号通貨(仮想通貨)のマイニング(採掘)用コードを仕込んでおき、アクセスしてきたユーザーの演算リソースを許可なく使ってマイニングさせる行為。攻撃者は、ユーザーのPCを動かして暗号通貨を得つつ、マイニングに必要な電気代をユーザーへ押しつけられる。無許可マイニング用のコードは、犯罪者の運営している攻撃用サイトだけでなく、一般的なウェブサイトへ勝手に仕込まれる可能性もある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約594文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan