オフィスソフト

「Excel」で動的リストを作る--テーブルオブジェクト利用でより高度に

「Excel」で動的なリストを作る高度な機能を2つ紹介する。どちらの場合もテーブルオブジェクトを利用する。

 「『Excel』でリストを使う--作成を効率化する5つの機能」という記事では、Excelに組み込まれている基本的なリスト作成機能を紹介した。これらを使うのは特に難しいことではないが、ときにはもっと高度な操作が必要なこともあるだろう。今回は、動的なリストを作る高度な機能を2つ紹介しよう。セルの入力規則を設定する方法とLOOKUP関数を使用する方法だ。どちらの方法が優れている、ということではない。必要に応じて選んでほしい。

 筆者はデスクトップ版の「Excel 2016」を使用しているが、ここで紹介するテクニックは、それ以前のバージョンでも利用できる。読者の便宜を考えて、ダウンロードして使える.xlsx形式のデモファイルを用意してある。VLOOKUP関数は以前のメニューバージョンでも使えるが、どちらのテクニックもテーブルオブジェクトを利用してリストを動的に生成しており、メニューバージョンはテーブルオブジェクトに対応していない。ブラウザ版Excelは、入力規則やテーブルオブジェクトには対応しているが、テーブルに新しいデータを挿入する操作がやりにくい。また、ブラウザ版は新しいデータを入力した場合に、そのデータに対する折り返し表示ができない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3738文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan