開発ツール

「Raspberry Pi」のASUS製ライバル--機能強化された「Tinker Board S」

ASUSが「Raspberry Pi」のライバル機「Tinker Board」の機能を強化した。同社によると、オンボードのストレージを追加したことで、従来のモデルよりも高速になるという。

 ASUSが「Raspberry Pi」のライバル機「Tinker Board」の機能を強化した。同社によると、オンボードのストレージを追加したことで、従来のモデルよりも高速になるという。

 ASUSの新しい「Tinker Board S」は、スペックは初代Tinker Boardとさほど違いはないが、16GバイトのeMMCストレージが加わった。これにより、ファイルの読み書き性能が、初代Tinker BoardのSDカードストレージを上回るとASUSは約束している。

 新しいTinker Boardは、性能と価格共に「Raspberry Pi 3」を上回り、高速のプロセッサと大容量のメモリを搭載するが、価格は79.99ドルと、Pi 3の33ポンド(約35ドル)に比べるとかなり高めだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1836文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan