新興技術

「Bitcoin」入門--話題の暗号通貨について知っておくべきこと

「Bitcoin(ビットコイン)」は、2017年に価値が急騰したことで、さまざまなメディアで話題となった。本記事では、Bitcoinの概要や仕組み、リスクなどについて解説する。

 皆さんは「Bitcoin(ビットコイン)」という言葉を耳にしたことがあるだろうか。

Bitcoin関連の記事では物理的なBitcoinの画像がよく使われているが、実際には物理的なBitcoinは存在しない。
Bitcoin関連の記事では物理的なBitcoinの画像がよく使われているが、実際には物理的なBitcoinは存在しない。
提供:Science Picture Co

 おそらく、聞いたことがあるはずだ。最初の、そして最も有名なデジタル暗号通貨であるBitcoinは2017年、驚くほど価値が急騰したことで、さまざまなメディアを賑わせた。具体的には、1月1日に初めて1000ドルの大台を突破し12月には1万9000ドルに迫った

 Bitcoinには、テクノロジと通貨、数学、経済学、社会力学が関係している。Bitcoinはさまざまな側面を持ち、技術的に高度で、今も多くの点で進化の過程にある。本解説記事の狙いは、Bitcoinの基本概念のいくつかを明らかにし、Bitcoinに関する基礎的な質問のいくつかに答えを出すことである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4980文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]