コミュニケーション NTTテクノクロス

ProgOffice Enterprise:社内の電話番号やメールをまとめたアドレス帳サービス

アドレス帳サービス「ProgOffice Enterprise」は、社内や社外の電話番号やメールなどの連絡先をまとめて利用できる。電話のほかメールやショートメッセージから最適な手段で連絡できる。

ProgOffice Enterpriseのポイント

  • 電話のほかにメールやショートメッセージで相手に連絡
  • Office 365やG Suite、Salesforceなどと連携
  • チャットも利用可能、Skype for Businessと連携

ProgOffice Enterpriseの製品解説

 NTTテクノクロスの「ProgOffice Enterprise」は、社内や社外の電話番号やメールなどの連絡先をまとめたアドレス帳アプリ。社外は共有用と個人用を区別して利用できる。クラウドサービスなので端末にデータを残さない。

編集部おすすめの関連記事

 電話のほかメールやショートメッセージから最適な連絡手段を選択できる。連絡相手のスケジュールにも連携する。

 社内電話帳はAzure Active DirectoryやOffice 365、G Suiteなどと連携する。社外電話帳はSansanに登録されている名刺情報が連携して表示される。個別に名刺情報を登録しなくても連絡先が表示される。

 Office 365とG Suiteの連携では、ユーザーや連絡先、スケジュールが、Sansanとの連携では連絡先、Salesforceとの連携では活動履歴と予定が、それぞれ表示される。

 Office 365やG Suiteなどのメールも端末にデータを残さずに利用できる。1対1のチャットも利用できる。オプションでグループチャットも利用可能。手動で位置情報を登録可能、自由に文字を入力して所在などを社内で共有できる。

 Skype for Businessとも連携する。電話帳一覧にOffice 365のスケジュールとSkype for Businessでの在籍情報を表示。在宅勤務を含むリモートワークの連絡相手の状況を把握できる。連絡相手が勤務していない時間なら電話発信できないといった設定も可能。スケジュールなどの登録状況に応じて、ログインを制御できる。

ProgOffice Enterpriseイメージ(出典:NTTテクノクロス)
ProgOffice Enterpriseイメージ(出典:NTTテクノクロス)

ProgOffice Enterpriseの活用イメージ(出典:NTTテクノクロス)
ProgOffice Enterpriseのまとめ
用途と機能社内や社外の電話番号やメールなどの連絡先をまとめたアドレス帳アプリ
特徴電話のほかメールやショートメッセージから最適な連絡手段を選択。端末にデータを残さずにメールできる。Office 365とG Suiteの連携では、ユーザーや連絡先、スケジュールが、Sansanとの連携では連絡先、Salesforceとの連携では活動履歴と予定が、それぞれ表示される
税別料金1ライセンス月額500円(年間契約、100ライセンス以上から提供)

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]