アクセス管理

EntryMaster:ADやLDAPと連携するID管理ソフト--Office 365などに対応

ID管理ソフトウェア「EntryMaster」は、システムやクラウドサービスによって分散してしまったID情報を一元的に管理。Active DirectoryやLDAPに対応。G SuiteやSalesforce、Office 365などと連携する。

EntryMasterのポイント

  • Active DirectoryやLDAP、クラウドなどに対応
  • 自らパスワードを変更、リセットできるセルフメンテナンス可能
  • ユーザー情報への操作履歴や連携証跡を記録

EntryMasterの製品解説

 アイピーキューブの「EntryMaster」は、ITシステムやクラウドサービスのID情報を統合、一元管理するソフトウェアだ。入出力対象としてActive DirectoryやLDAP、クラウドサービスなどに対応している。

編集部おすすめの関連記事

 一括登録のためのCSVインポート機能、Active DirectoryやLDAPからユーザー情報を取り込める。同じくエクスポート機能や連携機能も提供することで、登録や外部連携先とのスムーズな統合を可能にしている。対応するクラウドはG SuiteやSalesforce、Office 365、Boxなど。

 管理者用向けインターフェースのほか、エンドユーザーが自らパスワードを変更、リセットできるセルフメンテナンス機能を、それぞれウェブユーザーインターフェースとして提供。管理負担の軽減とユーザビリティの向上を両立している。

 ユーザー情報を管理するリポジトリにはLDAPを採用。検索性に優れ、属性情報の拡張も柔軟におこなえる。ユーザー情報に対する操作履歴や他のシステムへの連携証跡をログとして記録。管理者は、ウェブユーザーインターフェースから検索、参照でき、セキュリティやガバナンスにも対応している。

 Red Hat系Linuxに対応。Apache HTTP ServerやApache Tomcat、Java実行環境が必要。

EntryMasterの導入イメージ(出典:アイピーキューブ)
EntryMasterの導入イメージ(出典:アイピーキューブ)
EntryMasterのまとめ
用途と機能社内システムや外部のクラウドのID情報を一元管理するソフトウェア
特徴Active DirectoryやLDAPに対応。エンドユーザー自らパスワードを変更、リセット可能。ユーザー情報の操作履歴や連携証跡などを記録できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]