セキュリティ

2018年はランサムウェアやDoS攻撃が増加--サイバーセキュリティ専門家に聞く

米TechRepublicは、2018年に広がりが予想されるサイバーセキュリティの脅威について、DomainToolsのシニアセキュリティリサーチャーに話を聞いた。

 2017年は、消費者や企業がフィッシングやランサムウェア、大規模なデータ侵害などの脅威に悩まされた年だった。米TechRepublicのDan Patterson記者は、2018年に広がりが予想されるサイバーセキュリティの脅威について、DomainToolsのシニアセキュリティリサーチャーを務めるKyle Wilhoit氏に話を聞いた。

Kyle Wilhoit氏のインタビュー映像(英語)

 Wilhoit氏によると、ランサムウェアの使用は今後も増え続けるという。ハッカーらは、大半の人々が自分のデータをバックアップしないことを承知している。したがって、彼らは個人のデータを暗号化し、被害者が身代金を払わない限り、解除できないようにするだろう。「それは、2018年にわれわれが大々的に目にすることになる最初の脅威となる。つまり、ランサムウェアを悪用し、個人ユーザーを狙った攻撃だ」とWilhoit氏は語った。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan