フラッシュストレージ EMCジャパン

オールフラッシュ「XtremIO」新版から考えるストレージの現在形

大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「XtremIO X2」を担当するDell EMCの幹部によると、現在注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)は使い方を工夫する必要があるという。

 2017年に大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「Dell EMC XtremIO X2」の提供が国内でも開始された。XtremIOは、2012年に当時のEMCが買収したもので、当時のEMCにとっては初めてのオールフラッシュとなった。その後、EMCはハイエンドストレージ「VMAX」のオールフラッシュ化を進め、ミッドレンジのオールフラッシュストレージ「Unity」などを国内でも提供している。

 2016年にEMCはDellに買収され、現在はDell Technologiesとなっており、VMAXやXtremIO、Unityなどは“Dell EMC”ブランドで市場に展開されている。

 現在、VMAXやXtremIO、Unityのほかに、かつて「Compellent」ブランドだった旧Dell製品の「SC」シリーズも含めたプライマリストレージを担当する、グローバルセールスエンジニアリング部門のモダンインフラストラクチャ(MIT)チームの統括責任者であるバイスプレジデントのSonny Aulakh氏は、EMC買収後にXtremIOを率いてきた。

 前版のXtremIO X1についてAulakh氏は「世界の中でも仮想化が進む日本で受け入れられている。XtremIOが仮想化と相性がいいことで日本に受け入れられた」と解説する。

 XtremIOは「X-Brick」と呼ばれるSANストレージアプライアンスを増やすことで拡張できるスケールアウトのアーキテクチャとなっている。X-Brickにはソリッドステートドライブ(SSD)やプロセッサ、冗長構成、冷却装置などで構成されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2436文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]