ストレージ EMCジャパン

オールフラッシュ「XtremIO」新版から考えるストレージの現在形

大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「XtremIO X2」を担当するDell EMCの幹部によると、現在注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)は使い方を工夫する必要があるという。

 2017年に大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「Dell EMC XtremIO X2」の提供が国内でも開始された。XtremIOは、2012年に当時のEMCが買収したもので、当時のEMCにとっては初めてのオールフラッシュとなった。その後、EMCはハイエンドストレージ「VMAX」のオールフラッシュ化を進め、ミッドレンジのオールフラッシュストレージ「Unity」などを国内でも提供している。

 2016年にEMCはDellに買収され、現在はDell Technologiesとなっており、VMAXやXtremIO、Unityなどは“Dell EMC”ブランドで市場に展開されている。

 現在、VMAXやXtremIO、Unityのほかに、かつて「Compellent」ブランドだった旧Dell製品の「SC」シリーズも含めたプライマリストレージを担当する、グローバルセールスエンジニアリング部門のモダンインフラストラクチャ(MIT)チームの統括責任者であるバイスプレジデントのSonny Aulakh氏は、EMC買収後にXtremIOを率いてきた。

 前版のXtremIO X1についてAulakh氏は「世界の中でも仮想化が進む日本で受け入れられている。XtremIOが仮想化と相性がいいことで日本に受け入れられた」と解説する。

 XtremIOは「X-Brick」と呼ばれるSANストレージアプライアンスを増やすことで拡張できるスケールアウトのアーキテクチャとなっている。X-Brickにはソリッドステートドライブ(SSD)やプロセッサ、冗長構成、冷却装置などで構成されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2436文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]