フラッシュストレージ EMCジャパン

オールフラッシュ「XtremIO」新版から考えるストレージの現在形

大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「XtremIO X2」を担当するDell EMCの幹部によると、現在注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)は使い方を工夫する必要があるという。

 2017年に大規模環境向けフラッシュストレージ基盤の新版となる「Dell EMC XtremIO X2」の提供が国内でも開始された。XtremIOは、2012年に当時のEMCが買収したもので、当時のEMCにとっては初めてのオールフラッシュとなった。その後、EMCはハイエンドストレージ「VMAX」のオールフラッシュ化を進め、ミッドレンジのオールフラッシュストレージ「Unity」などを国内でも提供している。

 2016年にEMCはDellに買収され、現在はDell Technologiesとなっており、VMAXやXtremIO、Unityなどは“Dell EMC”ブランドで市場に展開されている。

 現在、VMAXやXtremIO、Unityのほかに、かつて「Compellent」ブランドだった旧Dell製品の「SC」シリーズも含めたプライマリストレージを担当する、グローバルセールスエンジニアリング部門のモダンインフラストラクチャ(MIT)チームの統括責任者であるバイスプレジデントのSonny Aulakh氏は、EMC買収後にXtremIOを率いてきた。

 前版のXtremIO X1についてAulakh氏は「世界の中でも仮想化が進む日本で受け入れられている。XtremIOが仮想化と相性がいいことで日本に受け入れられた」と解説する。

 XtremIOは「X-Brick」と呼ばれるSANストレージアプライアンスを増やすことで拡張できるスケールアウトのアーキテクチャとなっている。X-Brickにはソリッドステートドライブ(SSD)やプロセッサ、冗長構成、冷却装置などで構成されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2436文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan