IaaS コンテナ VMware

VMware Integrated OpenStack:仮想環境で大規模IaaSを展開できるディストロ

OpenStackディストリビューション「VMware Integrated OpenStack」はVMwareの仮想化環境で大規模環境向けIaaSを展開。本番環境に対応したコンテナが実行可能。マイクロセグメンテーションなどのネットワーク仮想化機能を強化できる。

VMware Integrated OpenStackのポイント

  • VMwareの仮想化環境で大規模環境向けIaaSを展開
  • 本番環境に対応したコンテナを実行できる
  • マイクロセグメンテーションなどネットワーク仮想化機能を強化

VMware Integrated OpenStackの製品解説

 「VMware Integrated OpenStack」は、IaaS環境を構築、管理するオープンソースソフトウェア(OSS)「OpenStack」のVMware製ディストリビューション。同社の仮想化環境で大規模環境向けIaaSを展開できる。

編集部おすすめの関連記事

 標準化されたOpenStack APIを通じて、セルフサービスおよびプログラムによってインフラストラクチャリソースをプロビジョニングできるので開発者の生産性を向上させることができる。

 ネットワーク仮想化基盤「VMware NSX」を使ってIntegrated OpenStackを展開すると、ファイアウォールやマイクロセグメンテーションといったセキュリティとネットワーク仮想化機能が強化される。このため、ビジネスクリティカルなワークロードを強力に保護することが可能となる。

 また、本番環境に対応したコンテナを実行できる。コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行したいと考えている企業に最適な環境を実現。高度なセキュリティ、高可用性、マルチテナント、トラブルシューティングなど、IT部門の負荷を軽減する機能を提供する。

VMware Integrated OpenStackのまとめ
用途と機能VMware仮想化環境でIaaSを構築、展開できるOpenStackディストリビューション
特徴APIを通じてリソースをプロビジョニング。本番環境に対応したコンテナを実行可能。マイクロセグメンテーションといったセキュリティとネットワーク仮想化機能を強化可能

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]