コンバージド・ハイパーコンバージド 伊藤忠テクノソリューションズ

CTC、「VMware vSAN」中核のハイパーコンバージド販売--カスタマイズ可能

CTCは、ストレージ仮想化ソフト「VMware vSAN」を中核のハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品“VMware HCI”の販売を開始した。「要望にあわせてカスタマイズできる」ことを差別化ポイントに挙げている。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は12月26日、ストレージ仮想化ソフトウェア「VMware vSAN」を中核にしたソフトウェア群がベースのハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品“VMware HCI”の販売を開始した。最小構成価格はサーバ3台で2000万円から。

 VMware HCIは、vSANを中心にハイパーバイザ「VMware vSphere」と仮想化環境の運用管理基盤「VMware vCenter」で構成。ストレージを管理する役目のvSANを仮想マシンの管理機能に統合したことで専用ストレージの専門知識がなくても運用しやすく柔軟に拡張可能、耐障害性のある仮想環境のストレージを構築、運用できる。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]