運用 VMware

vRealize Business for Cloud:IT資源の利用状況を可視化してコスト算出

ITリソースの利用状況を可視化するソフトウェア「vRealize Business for Cloud」はグループやテナントごとの利用料に応じたサービスコストを算出する。プライベートとパブリックのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理できる。

VMware vRealize Business for Cloudのポイント

  • プライベートとパブリックのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理
  • ハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化
  • ビジネスグループやアプリケーションごとのクラウド使用量を監視

VMware vRealize Business for Cloudの製品解説

 「VMware vRealize Business for Cloud」は、ITリソースの利用状況を可視化し、グループやテナントごとの利用料に応じたサービスコストを算出するソフトウェア。「VMware vRealize Suite」に含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 プライベートクラウドとパブリッククラウドのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理できる。それぞれのクラウドの境界を越えたコスト効率が評価できるようになる。同時に複数のハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化できる。

 ビジネスグループやアプリケーションごとのクラウド使用量を監視し、ショーバックを通じてIT部門とビジネス部門を連携させられる。データ収集を自動化することで、コストを瞬時に把握できる。vSphere のインフラストラクチャやパブリッククラウドのコストライブラリを参照することも可能だ。

VMware vRealize Business for Cloudのまとめ
用途と機能ITリソースの利用状況を可視化し、利用料に応じたサービスコストを算出
特徴プライベートクラウドとパブリッククラウドのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理。複数のハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan