運用 VMware

vRealize Business for Cloud:IT資源の利用状況を可視化してコスト算出

ITリソースの利用状況を可視化するソフトウェア「vRealize Business for Cloud」はグループやテナントごとの利用料に応じたサービスコストを算出する。プライベートとパブリックのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理できる。

VMware vRealize Business for Cloudのポイント

  • プライベートとパブリックのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理
  • ハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化
  • ビジネスグループやアプリケーションごとのクラウド使用量を監視

VMware vRealize Business for Cloudの製品解説

 「VMware vRealize Business for Cloud」は、ITリソースの利用状況を可視化し、グループやテナントごとの利用料に応じたサービスコストを算出するソフトウェア。「VMware vRealize Suite」に含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 プライベートクラウドとパブリッククラウドのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理できる。それぞれのクラウドの境界を越えたコスト効率が評価できるようになる。同時に複数のハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化できる。

 ビジネスグループやアプリケーションごとのクラウド使用量を監視し、ショーバックを通じてIT部門とビジネス部門を連携させられる。データ収集を自動化することで、コストを瞬時に把握できる。vSphere のインフラストラクチャやパブリッククラウドのコストライブラリを参照することも可能だ。

VMware vRealize Business for Cloudのまとめ
用途と機能ITリソースの利用状況を可視化し、利用料に応じたサービスコストを算出
特徴プライベートクラウドとパブリッククラウドのコストを1つのダッシュボードで追跡、管理。複数のハイブリッドクラウド間でリソース管理を最適化可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]