バックアップ 運用 VMware

Site Recovery Manager:計画したリカバリプランをテストできるDR対策ソフト

災害復旧(DR)対策ソフトウェア「VMware Site Recovery Manager」は、ポリシーベースの管理によるプライベートクラウド環境でのアプリケーションの可用性と可搬性、自動オーケストレーションなどを実現する。

VMware Site Recovery Managerのポイント

  • さまざまなタイプのリカバリを実装可能
  • リカバリプランは仮想マシンやIPアドレスなどを指定できる
  • 指定したスクリプトを含めたリカバリプランはテスト可能

VMware Site Recovery Managerの製品解説

 「VMware Site Recovery Manager」は、「VMware vSphere」環境を管理する「VMware vCenter Server」で保護するサイトとリカバリサイトの間で仮想マシンのリカバリを計画、テスト、実行するための災害普及(DR)対策ソフトウェア。リカバリはさまざまなタイプを実装できる。リカバリプロセスとレプリケーションメカニズムを連携させて、データ損失とシステムのダウンタイムを最小限に抑える。

編集部おすすめの関連記事

 保護サイトからリカバリサイトに仮想マシンを順次退避させる計画移行では、規則的な方法でワークロードを移行した場合のデータ損失を防ぐ。計画移行では、両方のサイトが稼働しており、問題なく動作している必要がある。

 DR対策では、保護サイトが予期せずオフラインになった場合など両方のサイトが動作している必要はない。DRの操作では、保護サイトの運用障害が報告されるが、それ以外は無視される。

 保護サイトが稼働している場合は、保護サイト上の仮想マシンをクリーンシャットダウンしてストレージを同期させる。事前に設定したリカバリプランに基づいてリカバリサイトに複製された仮想マシンをパワーオンできる。

 リカバリプランは、リカバリサイトの仮想マシンの起動順序を指定、IPアドレスなどのネットワークのパラメータも指定する。リカバリアクションを仮想マシンで実行するために、指定したスクリプトも含められる。

 リカバリプランはテスト可能。複製したデータの一時的なコピーを使用して保護サイトとリカバリサイトで進行中の操作を中断しないようにテストする。

VMware Site Recovery Managerのまとめ
用途と機能さまざまなリカバリプランを実行できるDR対策ソフト
特徴計画移行にも対応。リカバリプランはユーザーが記述したスクリプトも活用できる。リカバリプロセスとレプリケーションメカニズムを連携させて、データ損失とシステムのダウンタイムを最小限に抑える

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]