運用管理 日本アイ・ビー・エム

Spectrum Copy Data Management:複数のユースケースに1つのコピーで対応

コピーデータ管理ソフト「IBM Spectrum Copy Data Management」は、バックアップやスナップショットなどで生成されるコピーデータを管理する。複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。

IBM Spectrum Copy Data Managementのポイント

  • 複数のユースケース全体で1つのコピーを使用
  • スナップショットやクローン、レプリカなどの作成と使用を自動化
  • コピーデータはカタログ化され追跡可能

IBM Spectrum Copy Data Managementの製品解説

 「IBM Spectrum Copy Data Management(CDM)」は、本番環境に格納される本番データとは別のバックアップやスナップショット、災害復旧(DR)などで生成されるコピーデータを管理するソフトウェア。さまざまベンダーのストレージアレイに対応する。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 本番データの複製であるコピーデータは、アプリケーション開発やデータ分析などの目的で生成される。その管理には手間がかかる。本番データからのコピー自体も手間と時間がかかると指摘されている。

 仮想マシンのアプリケーションからコピーデータにアクセスするのも複雑なプロセスとなっている。コピーデータ管理には、そうした事態を効率よくすることが求められるとともに、ストレージの効率的な活用も求められている。

 既存のITインフラでコピーの作成や管理を統合すると、全体的なコスト削減につながる。ディスクアレイやデータベースと複製ソフトで既存のコピーソフトでコピーを管理する集中管理ツールを使用すれば、時間をかけてクローンやスナップショットを素早く作成できると言われている。

 Spectrum CDMは開発やデータ分析などのユースケースごとに新しいコピーを作成するのではなく、複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。

 具体的な機能としては、既存のストレージや基盤上のコピーデータ、スナップショット、クローン、レプリカなどの作成と使用を自動化する。管理を簡素化することで管理時間を短縮し、信頼性を向上する。

 ハードウェアを追加することなくAPIに基づく自動化、ユーザーのセルフサービス、運用を提供し、ITリソースの最新化にも貢献する。ボリューム、スナップショット、仮想マシン、データストア、ファイルはカタログ化されて追跡できる。

IBM Spectrum Copy Data Managementのまとめ
用途と機能コピーデータを効率よく管理する
特徴複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。既存のストレージや基盤上のスナップショットやクローン、レプリカなどの作成と使用をAPIなどを活用して自動化する。コピーデータははカタログ化されて追跡可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  3. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan