運用管理 日本アイ・ビー・エム

Spectrum Copy Data Management:複数のユースケースに1つのコピーで対応

コピーデータ管理ソフト「IBM Spectrum Copy Data Management」は、バックアップやスナップショットなどで生成されるコピーデータを管理する。複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。

IBM Spectrum Copy Data Managementのポイント

  • 複数のユースケース全体で1つのコピーを使用
  • スナップショットやクローン、レプリカなどの作成と使用を自動化
  • コピーデータはカタログ化され追跡可能

IBM Spectrum Copy Data Managementの製品解説

 「IBM Spectrum Copy Data Management(CDM)」は、本番環境に格納される本番データとは別のバックアップやスナップショット、災害復旧(DR)などで生成されるコピーデータを管理するソフトウェア。さまざまベンダーのストレージアレイに対応する。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 本番データの複製であるコピーデータは、アプリケーション開発やデータ分析などの目的で生成される。その管理には手間がかかる。本番データからのコピー自体も手間と時間がかかると指摘されている。

 仮想マシンのアプリケーションからコピーデータにアクセスするのも複雑なプロセスとなっている。コピーデータ管理には、そうした事態を効率よくすることが求められるとともに、ストレージの効率的な活用も求められている。

 既存のITインフラでコピーの作成や管理を統合すると、全体的なコスト削減につながる。ディスクアレイやデータベースと複製ソフトで既存のコピーソフトでコピーを管理する集中管理ツールを使用すれば、時間をかけてクローンやスナップショットを素早く作成できると言われている。

 Spectrum CDMは開発やデータ分析などのユースケースごとに新しいコピーを作成するのではなく、複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。

 具体的な機能としては、既存のストレージや基盤上のコピーデータ、スナップショット、クローン、レプリカなどの作成と使用を自動化する。管理を簡素化することで管理時間を短縮し、信頼性を向上する。

 ハードウェアを追加することなくAPIに基づく自動化、ユーザーのセルフサービス、運用を提供し、ITリソースの最新化にも貢献する。ボリューム、スナップショット、仮想マシン、データストア、ファイルはカタログ化されて追跡できる。

IBM Spectrum Copy Data Managementのまとめ
用途と機能コピーデータを効率よく管理する
特徴複数のユースケース全体で1つのコピーを使用できるようになっている。既存のストレージや基盤上のスナップショットやクローン、レプリカなどの作成と使用をAPIなどを活用して自動化する。コピーデータははカタログ化されて追跡可能

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]