人事・労務

日本の労働生産性、主要先進7カ国で変わらず最下位--製造業は着実に上昇

「労働生産性の国際比較2017年版」によると、2016年の日本の労働生産性は前年と変わらず低調だ。時間あたりでは35カ国中20位。主要先進7カ国では1970年以降、最下位が続いている。

 日本生産性本部が12月20日に発表した「労働生産性の国際比較2017年版」によると、日本の時間あたりの労働生産性は46.0ドル。経済協力開発機構(OECD)に加盟する35カ国中20位で主要先進7カ国でみると、データが取得可能な1970年以降、最下位の状況が続いている。

 労働生産性は、労働者1人あたりで生み出す成果、労働者が1時間で生み出した成果を指標化したもの。労働者がどれだけ効率的に成果を生み出したかを定量的に数値化。労働者の能力向上や効率改善に向けた努力、経営効率の改善などで向上する。労働生産性の向上は、経済成長や経済的な豊かさをもたらす要因と見なされている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約888文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan