PaaS 日本オラクル

クラウドでもサイロ化?--オラクルが統合と自動化を勧める理由

クラウドがもたらすメリットはさまざまだが、オンプレミスとの連携、あるいは、マルチクラウドでの連携などでメリットはより大きくなるはずだ。

 APIでほかのシステムと連携するとともに、プロセスを自動化することでパブリッククラウドから得られるメリットはより大きくなるはずだ。

 日本オラクルは12月7日、都内で年次イベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」を開催。「デジタル・イノベーションを加速するために - API, Automation, etc.」と題されたセッションに日本オラクル Cloud Platform ソリューション本部 西川彰広氏が登壇して、今後のクラウドのあり方を提言した。

 西川氏は松下幸之助著『道を開く』の一文を引用し、「今も昔も効率性向上を目指すことは変わらない」とセッションの主題を説明しつつ、ビジネスにおけるITの位置付けを解説した。

 同氏は、「日々の業務を確実に遂行するためのIT」「ブランド、差別化、市場をリードするためのIT」の2つが欠かせないと強調。「一言でまとめれば、前者はSoR(Systems of Record)、後者はSoE(Systems of Engagement)だが、現代風にまとめると“自動化”と“オープンイノベーション”」がITに不可欠な存在と定義した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1673文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]