AI・機械学習

「Alexa for Business」入門--業務を効率化するアマゾンの音声アシスタントサービス

アマゾンの「Alexa」は家庭用の音声アシスタントとして定着しつつあるが、ビジネスの場にも進出している。会議室やデスクなどに設置して、さまざまなタスクを合理化することが狙いだ。ここでは「Alexa for Business」の概要について説明する(2017年12月21日公開、2019年10月4日更新)

 「Alexa」が職場に進出しようとしている。

 Amazonの「Alexa for Business」サービスは、会議室やデスクに、会議やカレンダー、タスク、企業データに接続するための、これまでよりはるかに優れたインターフェースを提供することを目指している。

 「Amazon Echo」は、その音声インターフェースであるAlexaを世界中の2000万以上の家庭にもたらした。Echoを利用すれば、これまでより簡単にキッチンのタイマーを設定したり、家中の照明を点灯させたり、お気に入りの楽曲を再生したり、家庭用品を注文したりできる。ユーザーはマウスや電話、物理的なスイッチやボタンに触れる必要さえない。

 Amazonの最高技術責任者(CTO)のWerner Vogels氏は「AWS re:Invent 2017」カンファレンスでAlexa for Businessを発表したとき、「家庭でさまざまなものを操作するための自然なインターフェースが音声であるなら、それを職場にも導入すべきではないだろうか」と話した。


提供:Amazon

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4154文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]