AI・機械学習

「Alexa for Business」入門--アマゾンの企業向け音声アシスタントサービス

「Alexa for Business」は、アマゾンの音声アシスタント「Alexa」をビジネスに活用するサービスだ。業務を効率化するさまざまな機能が用意されている(2017年12月21日公開、2021年6月10日更新)。

 Alexa for Businessのサイトで、Amazonは、既に同サービスを試験的に導入して成果を上げている複数の企業を紹介している(それらの企業のコメントは、ここで読むことができる)。

  • BMC
  • Brooks Brothers
  • Capital One
  • 米国三井物産
  • Vonage
  • WeWork


提供:Amazon

どうすれば利用できるのか

 Alexa for BusinessはAmazonのAmazon Web Services(AWS)部門の一部なので、SaaSと似た料金モデルを採用している。前払い金や契約は不要の従量制有料サービスだ。デバイスは別に購入する必要がある。250台以上のデバイスを購入する場合は、値引きを受けられるかもしれない。それに該当する人は、AWS販売担当者に連絡するか、AWSの販売サイトでフォームに必要事項を記入しよう

 Alexa for Businessサービス自体と共に、企業は管理ツールとデプロイメントツール、SaaSミドルウェアも利用可能で、それら全てをMicrosoftやCiscoなどのパートナープラットフォームと連携させることができる。

 Amazonの公式の料金ページを見ると、企業は以下の2種類の方法で料金を払えるようだ。

  1. 共有デバイス:「大小の会議室、電話ブース、ロビー、コピー室など、職場内のさまざまな共有スペースにAlexaデバイスを配備できる。共有デバイスは、特定のユーザーに関連付けられておらず、デバイスに物理的にアクセスできる人なら(中略)誰でも使える。各デバイスは、Alexa for Businessコンソールを通して直接管理および設定される。このコンソールでは、場所の設定、利用できるスキルの指定、会議室の設定の入力などを行える」
  2. 登録ユーザー:「エンドユーザーを招待して、彼ら個人のAlexaアカウントをAlexa for Businessアカウントに登録してもらうようにできる。登録を済ませれば、エンドユーザーは個人のアカウントで既に有効にしていたAlexaの機能やスキルのほか、Alexa for Businessで利用できるようにしたプライベートのスキルも使用できる。ユーザーは職場や自宅のデバイスなど、自分個人のAlexaアカウントと関連付けられた全てのデバイスのほか、自分のスマートフォン上のAlexaアプリでも、これらのスキルを使うことが可能だ」

 Amazonは企業が両方のシナリオを利用することを想定している。以下の表は、その場合の料金体系の一例である。


提供:Amazon

 しかし、企業が1人のユーザーも登録することを望まず、会議室でAlexa for Businessを使いたいだけという場合でも、問題はない。その場合、AWSのインボイスは以下のような感じになる。


提供:Amazon

 登録を完了した人や、システム全体に関する詳しい情報を求めている人は、Amazonが作成したAlexa for Businessの初心者向けポータルを確認してほしい。このポータルでは、セットアップとユーザー登録の手順を含む多数のリソースのほか、独自の社内Alexaスキルの開発を計画している企業向けにAPIガイドやスキルキットも提供されている。

 これらは全てAWSによって実現されていることに留意してほしい。AWSは、ますます「Your-Entire-Enterprise-as-a-Service」(サービスとしての企業全体)のようになってきている。Alexaなどの音声アシスタントが人工知能と機械学習の初歩的な形態であることも覚えておいてほしい。したがって、突き詰めると、Alexa for Businessは、強力なAIサービスを企業の世界にもたらすAmazonの初期の取り組みの一環とみなすべきである。

 AWS re:Inventで、Vogels氏もそのことを認めており、次のように語っている。「音声が最初に起きる破壊的革新であり、それを主導するのが、われわれが与えたこの機械学習プラットフォームだ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]