SDS/ストレージ仮想化 ストレージ 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Accelerate:ブロックストレージとして活用できるSDS

SDS「IBM Spectrum Accelerate」はHDD内蔵x86サーバをブロックストレージとして活用できる。超並列処理やデータ分散などで性能を保つ。グリッドアーキテクチャにすることで面倒なチューニング作業は不要としている。

IBM Spectrum Accelerateのポイント

  • HDD内蔵のx86サーバ4~15台をサポート、ESXiで仮想マシンとして構成
  • 超並列処理やデータ分散、分散キャッシュなどで性能を保持
  • グリッドアーキテクチャにすることで面倒なチューニング作業は不要

IBM Spectrum Accelerateの製品解説

 「IBM Spectrum Accelerate」は、x86サーバに導入してソフトウェアで制御するブロックストレージ。ハイパーコンバージドインフラとしても活用できる。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 ハードディスクドライブ(HDD)を内蔵するx86サーバ4~15台をサポート。ハイパーバイザ「VMware vSphere ESXi 6.0/5.5」を使用して各サーバに仮想マシンとして構成される。

 HDDは全て同サイズで6~12、最大6Tバイトをサポートする。キャッシュ用に最大800Gバイトのソリッドステートドライブ(SDD)を活用できる。8T~485Tバイトまで拡張できる。容量は仮想マシン4台×6ドライブから仮想マシン15台×12ドライブ。仮想アレイを最大144個まで、使用可能容量を69.8バイトまで拡張できる。

 超並列処理やチューニング不要のデータ分散、分散キャッシュなどで性能を保つ。1Mバイトの各データ区画のコピーを2つ維持して、各コピーを別々の仮想マシンに配置するグリッド構成で冗長性を保つ。ネットワーク監視やディスク性能の追跡、データセンター監視、一部のコンポーネントの共有監視、ディスクのI/Oや使用量確認などで可用性を担保する。

 グリッドアーキテクチャにすることで面倒なチューニング作業は不要。混在する動的なワークロードに対し、予測可能で一貫したレベルのサービスを常に提供する。タスクを自動化して、管理のオーバーヘッドを軽減する。

 提供形態としては、ニーズに応じて購入や月々のリース、クラウドサービスという3種類の方法から選択できる。ライセンスの購入はハードウェアと関係なく、Spectrum Accelerate環境と「IBM Spectrum Storage Suite」間で再利用できるため、最適な投資保護と運用の柔軟性が得られる。

IBM Spectrum Accelerateのまとめ
用途と機能x86サーバに導入してソフトウェアで制御するブロックストレージ
特徴超並列処理やチューニング不要のデータ分散、分散キャッシュなどで性能を保つ。グリッドアーキテクチャにすることで面倒なチューニング作業は不要

「SDS/ストレージ仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]