AI・機械学習

AI導入、2020年には230万人分の仕事創出へ--雇用喪失180万人分を上回る

ガートナーは、人工知能(AI)の職場導入と雇用状況の関係を調査し、その結果を発表した。2020年には、180万人分の仕事がなくなる一方で、230万人分の仕事が生まれると見込む。

 Gartnerは、人工知能(AI)の職場導入と雇用状況の関係を調査し、その結果を発表した。AIによって失われる雇用があるが、新たな仕事も多く生み出されるという。2020年には、180万人分の仕事がなくなる一方で、230万人分の仕事が生まれると見込む。

 AIの影響で雇用が増えるか減るかは、業界によって大きく異なる。2019年までの期間をみると、ヘルスケア、公共部門、教育分野で求人は増え続ける。これに対し、製造業は厳しい状況になると予想した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約642文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]