帳票管理 ユニリタ

雲票:既存の業務フローを変えずに利用できる帳票クラウドサービス

帳票クラウドサービス「雲票」は、帳票製品をクラウド化し、これまでの運用や業務フローを変えずに運用できる。ユーザー企業内部で帳票を使う業務を外部委託することも可能だ。

雲票のポイント

  • 運用や業務フローを変えることなく、クラウド基盤へ移行
  • 帳票業務をアウトソーシングすることも可能
  • 大容量ファイル共有できる環境を自社で構築、管理、運用

雲票の製品解説

 ユニリタの「雲票」は、同社の帳票製品群を月額で利用できる帳票クラウドサービス。同社のクラウドサービス「Be.Cloud」に「BSP-RM」「DURL&FormHelper」「XRF」「帳票DASH!」といった帳票製品群の機能を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 これまでの運用や業務フローを変えることなく、クラウド基盤へ移行できる。ユーザー企業内部で帳票を使う業務を同社に外部委託することも可能だ。

 主な機能はデータの取得と受け付け、帳票の仕分けや名寄せ、並び替え、文字コードや制御コードの変換、データ変換、他システムとの連携、帳票の変更管理。データの帳票化や帳票のデザイン、帳票のPDF化がある。

 帳票の配送や封入や封緘、大量印刷、保管、メール送信、ファクス出力にも対応する。標準サービスとしてQ&A、サービス窓口、運用監視、メンテナンスデータのバックアップを用意。オプションとして書式コンバート、外字作成、P2V、V2P、マスタ登録、運用代行も提供する。

 このほか、クラウドを通じて大容量ファイルをスムーズかつセキュアに共有可能な「文書公開サービス」も提供。文書の受信者がさまざまな端末で閲覧できる情報公開プロセスを自社で構築、管理、運用できる。

雲票のシステムイメージ(出典:ユニリタ)
雲票のシステムイメージ(出典:ユニリタ)
雲票のまとめ
用途と機能帳票クラウドサービス
特徴同社の帳票製品群の機能をクラウド化し、これまでの運用や業務フローを変えずにクラウド基盤へ移行可能。帳票を使う業務をアウトソーシングすることも可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan