帳票管理 ユニリタ

雲票:既存の業務フローを変えずに利用できる帳票クラウドサービス

帳票クラウドサービス「雲票」は、帳票製品をクラウド化し、これまでの運用や業務フローを変えずに運用できる。ユーザー企業内部で帳票を使う業務を外部委託することも可能だ。

雲票のポイント

  • 運用や業務フローを変えることなく、クラウド基盤へ移行
  • 帳票業務をアウトソーシングすることも可能
  • 大容量ファイル共有できる環境を自社で構築、管理、運用

雲票の製品解説

 ユニリタの「雲票」は、同社の帳票製品群を月額で利用できる帳票クラウドサービス。同社のクラウドサービス「Be.Cloud」に「BSP-RM」「DURL&FormHelper」「XRF」「帳票DASH!」といった帳票製品群の機能を利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 これまでの運用や業務フローを変えることなく、クラウド基盤へ移行できる。ユーザー企業内部で帳票を使う業務を同社に外部委託することも可能だ。

 主な機能はデータの取得と受け付け、帳票の仕分けや名寄せ、並び替え、文字コードや制御コードの変換、データ変換、他システムとの連携、帳票の変更管理。データの帳票化や帳票のデザイン、帳票のPDF化がある。

 帳票の配送や封入や封緘、大量印刷、保管、メール送信、ファクス出力にも対応する。標準サービスとしてQ&A、サービス窓口、運用監視、メンテナンスデータのバックアップを用意。オプションとして書式コンバート、外字作成、P2V、V2P、マスタ登録、運用代行も提供する。

 このほか、クラウドを通じて大容量ファイルをスムーズかつセキュアに共有可能な「文書公開サービス」も提供。文書の受信者がさまざまな端末で閲覧できる情報公開プロセスを自社で構築、管理、運用できる。

雲票のシステムイメージ(出典:ユニリタ)
雲票のシステムイメージ(出典:ユニリタ)
雲票のまとめ
用途と機能帳票クラウドサービス
特徴同社の帳票製品群の機能をクラウド化し、これまでの運用や業務フローを変えずにクラウド基盤へ移行可能。帳票を使う業務をアウトソーシングすることも可能

「帳票管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]