コミュニケーション

SaaSで顧客満足度向上狙う老舗旅館「ホテルおかだ」の挑戦

箱根湯本の「ホテルおかだ」は1953年創業の老舗旅館だが、SaaSで顧客満足度(CS)向上に努めている。IT化が遅れていると言われる旅館業界だが、ホテルおかだの活用実態から業務のIT化のヒントを探る。

 箱根湯本に拠点を構える「ホテルおかだ」は、1953(昭和28)年に4室で創業し、現在の部屋数は122、667人が宿泊できる。年間宿泊人数は約12万人(日帰りは3万人)を数える。

 300人を超える会議場など魅力的な設備やサービスを用意しているが、注目すべきは「Oracle Service Cloud」を使って顧客満足度(CS)向上に努めている点だ。ホテルおかだのクラウド活用方法が、12月7日に開催された日本オラクルのイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」で語られた。

 ホテルおかだ 取締役で営業部長の原洋平氏は、「ホテルおかだは、団体から個人まで幅広くご利用頂いているが、その要望も多岐にわたる。ウェブサイト上にFAQを用意していたが、お客さまに分かりにくいとのご意見を頂き、改修に至った。Service Cloud導入でFAQ情報にタグを付与し、部屋や温泉、料理などサービスごとのカテゴリ分けが特徴の1つ」と説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2111文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]