開発ツール

2018年に開発者が学ぶべきプログラミング言語7選

求職の際に開発者が知っていると有利なプログラミング言語があるようだ。ここでその7つを紹介する。

 ソフトウェア開発の世界は、新たなプログラミング言語、フレームワーク、技術が数年の間に生まれては消えることもあるダイナミックな分野だ。そのため、開発者はこの世界との関係を保つために常に新たなスキルを学び続けなくてはならないと、Coding Dojoのカリキュラム長を務めるSperos Misirlakis氏が最近のブログ投稿にて述べている

 Misirlakis氏によると、プログラミング言語の人気を把握するにあたり、仕事の需要を調べるのもひとつの方法だという。開発者がキャリアの将来性を高めるためにどのスキルを磨くべきかがわかるためだ。

 Coding Dojoではこのほど、求職エンジンのIndeedに掲載されている求人情報の中から、プログラミング言語、スタック、フレームワークといった言葉が含まれている求人を数十万件に渡って分析した。

 その結果、2018年を迎えるにあたり最も需要の高いコーディング言語となったのは以下の通りだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1678文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan