クラウドサービス

中堅中小企業のクラウド化:急速に進むもコストが要因で抵抗感根強く

中堅中小企業でのクラウド化はどんなポイントを考慮すべきなのか。また、どこまでクラウド化は進んでいるのか――。日本オラクルのイベントに中堅中小企業にシステム構築などを提供しているSIer3社が登壇して、その実情などを語った。

 中堅中小企業でのクラウド化はどんなポイントを考慮すべきなのか。また、どこまでクラウド化は進んでいるのか。

 日本オラクルが12月7日に開催したイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」に中堅中小企業にシステム構築などを提供しているシステムインテグレーター(SIer)3社が登壇して、その実情などを語った。日本オラクル Oracle Digital 執行役員 本多充氏がモデレーターを務めた。登壇したのは以下の3社。

  • FutureOne 代表取締役社長 櫻田浩氏
  • アルカディア・システムズ 常務取締役 医療システム本部長 小池潔氏
  • ワム・システム・デザイン 執行役員 営業統括 シニアマーケティングアナリスト 齊藤彰久氏

伝わりきらないクラウドのメリット

――まずは自己紹介を含めた事業内容の紹介を。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3092文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan