クラウドサービス

中堅中小企業のクラウド化:急速に進むもコストが要因で抵抗感根強く

中堅中小企業でのクラウド化はどんなポイントを考慮すべきなのか。また、どこまでクラウド化は進んでいるのか――。日本オラクルのイベントに中堅中小企業にシステム構築などを提供しているSIer3社が登壇して、その実情などを語った。

 中堅中小企業でのクラウド化はどんなポイントを考慮すべきなのか。また、どこまでクラウド化は進んでいるのか。

 日本オラクルが12月7日に開催したイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」に中堅中小企業にシステム構築などを提供しているシステムインテグレーター(SIer)3社が登壇して、その実情などを語った。日本オラクル Oracle Digital 執行役員 本多充氏がモデレーターを務めた。登壇したのは以下の3社。

  • FutureOne 代表取締役社長 櫻田浩氏
  • アルカディア・システムズ 常務取締役 医療システム本部長 小池潔氏
  • ワム・システム・デザイン 執行役員 営業統括 シニアマーケティングアナリスト 齊藤彰久氏

伝わりきらないクラウドのメリット

――まずは自己紹介を含めた事業内容の紹介を。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3092文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]