セキュリティ

社内でサイバー攻撃を受けやすいのは--可能性が高い3つの部門

企業のサイバーセキュリティに関して言えば、最も弱い部分はいつも人間だが、社内のほかの部門に比べて、攻撃の被害に遭いやすい部門があるのも事実である。

 企業のサイバーセキュリティに関して言えば、最も弱い部分はいつも人間だが、社内のほかの部門に比べて、攻撃の被害に遭いやすい部門があるのも事実である。

 (ISC)2の最高執行責任者(COO)を務めるWesley Simpson氏は、「誰もがこれらの攻撃の被害に遭う可能性がある。例外はない」と述べる。「組織の種類、あなたが自分の組織のことをどれだけ強固だと考えているか、そして、あなたの組織が最新かつ最高のテクノロジを手に入れるためにハードウェアおよびソフトウェア環境にどれだけの金額を投資しているか、といったことは重要ではない。私たちは皆、無防備な状態にある。そして、独力で身を守ることはできない」(同氏)

 多くの場合、最もサイバー攻撃の被害に遭いやすいのは、以下の3つの部門だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2493文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]