仮想化 サーバ仮想化 SDS/ストレージ仮想化 SDN/ネットワーク仮想化 デスクトップ仮想化 VMware

VMware Cloud Foundation:vSphereやvSAN、NSXを統合したクラウド基盤

クラウド基盤ソフト「VMware Cloud Foundation」はコンピュートやストレージ、ネットワークそれぞれの仮想化ソフトを統合。管理ツールも組み込まれている。ハイブリッドクラウドの運用も自動化できる。

VMware Cloud Foundationのポイント

  • vSphereやvSAN、NSX統合して管理ツールも組み込み
  • IBMやAmazonといったパブリッククラウドでも利用可能
  • 管理基盤と連携してIT全体の運用を自動化できる

VMware Cloud Foundationの製品解説

 「VMware Cloud Foundation」はコンピュータ仮想化ソフト「vSphere」やストレージ仮想化ソフト「vSAN」、ネットワーク仮想化ソフト「NSX」を統合したクラウド基盤。管理ツール「SDDC Manager」を組み込んでいる。

編集部おすすめの関連記事

 データセンター全体をソフトウェアで制御する“Software-Defined Data Center(SDDC)”を目指している。プライベートクラウドやパブリッククラウド、その両方を併用、連携させたりするハイブリッドクラウドで活用できる

 パブリッククラウドではIBM CloudやAmazon Web Servicesで利用できる。プライベートクラウドでは、同社が認定するハードウェアに展開する方法と事前に全てのソフトウェアとハードウェアが設定されたハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入する方法がある。

 クラウド管理基盤「vRealize Suite」と組み合わせることでハイブリッドクラウド環境を構築して、社内外でvSphereベースのプロセスを一貫して利用することも可能だ。プライベートクラウドをオンプレミスで維持しながら、アプリケーションとワークロードをパブリッククラウドで実行するといった体制を取ることもできる。

 NSXによるマイクロセグメンテーションや分散ファイアウォール、VPN、vSphereでの暗号化された仮想マシンのライブマイグレーション、vSANでのデータやストレージの暗号化などでセキュリティを担保している。

 SDDC ManagerからvRealize Suiteやクライアント仮想化ソフト「VMware Horizon」を活用することで運用も自動化できる。セルフサービスで仮想マシンなどのインフラとアプリケーションの提供も自動化できる。

VMware Cloud Foundationのまとめ
用途と機能ネットワークやストレージも仮想化してデータセンター全体をソフトで制御
特徴クラウド管理基盤と組み合わせることでハイブリッドクラウド環境を構築。セルフサービスで仮想マシンなどのインフラとアプリケーションの提供も自動化。プライベートクラウドをオンプレミスで維持しながら、アプリケーションとワークロードをパブリッククラウドで実行するといった体制を取ることもできる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]