ストレージ 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Archive:テープ上のファイルやディレクトリにオンラインでアクセス

アーカイブソフトウェア「IBM Spectrum Archive」は、テープにあるファイルやディレクトリにオンラインでアクセスできる。ドラッグ&ドロップでファイルを操作できる。階層型ストレージとしてテープを活用できる。

IBM Spectrum Archiveのポイント

  • テープにあるファイルやディレクトリにHDDと同じ感覚でアクセス
  • ドラッグ&ドロップでファイルを操作
  • HDDベースの階層型ストレージにテープを組み込める

IBM Spectrum Archiveの製品解説

 「IBM Spectrum Archive」は、「Linear Tapge File System(LTFS)」の機能を提供する。テープにあるファイルやディレクトリに直接アクセスできる。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 LTFSは、標準規格「Linear Tape-Open(LTO) Ultrium 5 」以降でサポートされたテープフォーマットやファイルシステム。テープ上に2つのパーティションを作って、ファイルとファイルに関する情報(メタデータ)を分けて記録する。テープをハードディスクドライブ(HDD)やUSBメモリと同じ感覚で活用できる。

 LTFSベースのSpectrum Archiveは、ソフトウェアを追加することなく、テープにオンラインでアクセスできる。HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる。LTFSであることからドラッグ&ドロップでファイルを操作できる。

 大容量のデータを保存できる安価な媒体であるテープは、長期に保管する必要があるデータやアクセス頻度の低いデータを保存できる。階層型ストレージにテープを加えることで、コスト効率の高い階層型ストレージを構築できる。

 基本的な機能を提供する“Single Drive”のほかに「Library」「Enterprise」という2つのエディションがある。Libraryは、テープライブラリ内の単一のテープカートリッジ上または複数のカートリッジ上のどちらのデータもサポートする。Enterpriseは、階層型ストレージ環境にテープドライブやテープライブラリを組み込める。

IBM Spectrum Archiveのまとめ
用途と機能LTFSでテープにオンラインでアクセス
特徴HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる。HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる
導入事例関西テレビ放送、日産自動車、慶應義塾大学など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan