ストレージ 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Archive:テープ上のファイルやディレクトリにオンラインでアクセス

アーカイブソフトウェア「IBM Spectrum Archive」は、テープにあるファイルやディレクトリにオンラインでアクセスできる。ドラッグ&ドロップでファイルを操作できる。階層型ストレージとしてテープを活用できる。

IBM Spectrum Archiveのポイント

  • テープにあるファイルやディレクトリにHDDと同じ感覚でアクセス
  • ドラッグ&ドロップでファイルを操作
  • HDDベースの階層型ストレージにテープを組み込める

IBM Spectrum Archiveの製品解説

 「IBM Spectrum Archive」は、「Linear Tapge File System(LTFS)」の機能を提供する。テープにあるファイルやディレクトリに直接アクセスできる。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 LTFSは、標準規格「Linear Tape-Open(LTO) Ultrium 5 」以降でサポートされたテープフォーマットやファイルシステム。テープ上に2つのパーティションを作って、ファイルとファイルに関する情報(メタデータ)を分けて記録する。テープをハードディスクドライブ(HDD)やUSBメモリと同じ感覚で活用できる。

 LTFSベースのSpectrum Archiveは、ソフトウェアを追加することなく、テープにオンラインでアクセスできる。HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる。LTFSであることからドラッグ&ドロップでファイルを操作できる。

 大容量のデータを保存できる安価な媒体であるテープは、長期に保管する必要があるデータやアクセス頻度の低いデータを保存できる。階層型ストレージにテープを加えることで、コスト効率の高い階層型ストレージを構築できる。

 基本的な機能を提供する“Single Drive”のほかに「Library」「Enterprise」という2つのエディションがある。Libraryは、テープライブラリ内の単一のテープカートリッジ上または複数のカートリッジ上のどちらのデータもサポートする。Enterpriseは、階層型ストレージ環境にテープドライブやテープライブラリを組み込める。

IBM Spectrum Archiveのまとめ
用途と機能LTFSでテープにオンラインでアクセス
特徴HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる。HDDにあるアクセス頻度の低いデータをテープに移動させられる
導入事例関西テレビ放送、日産自動車、慶應義塾大学など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]