ミドルウェア

「Elastic Stack」最新版リリース--Elastic日本代表に元GitHubの藤田純氏

OSSの全文検索エンジン「Elasticsearch」などで構成されるソフト群の最新版「Elastic Stack 6.1」がリリースされた。Elastic日本法人のトップにAppirioやGitHubの藤田純氏が就任したことが打ち出された。

 Elasticsearchは12月14日、プライベートイベント「Elastic{ON}Tour」を都内で開催。同日にカントリーマネージャーに就任した藤田純氏は「開発現場の課題解決とマネージメント層への啓発と両軸のアプローチを通じて、日本市場における顧客基盤の成長を支えたい」と意気込みを語った。

 創業者で米本社Elasticの最高経営責任者(CEO)であるShay Banon氏も「日本を重点市場と位置付けている。製品力の向上とコミュニティー支援を行いながら、日本企業がOSS(オープンソースソフトウェア)製品に導入にあたり、各種課題の解決に取り組むチーム体制を強化する」と述べた。

 日本マイクロソフトやAppirio Japan、GitHub Japnを経てElasticsearchのカントリーマネージャーに就任した藤田氏は、Elasticをコミュニティーに注力する企業と法人顧客向けのSIやセールスを行う企業の両軸をあわせ持つユニークさと、データの重要性が日々高まる現状で、Elasticが「ビジネス活用のど真ん中にいる」(藤田氏)点に惹かれて入社したと語る。

 2014年9月に日本法人を設立した同社は当初1人からスタートしたが、現在では100社を超える企業と取り引きし、スタッフも自身を含めて11人まで増加した。「企業としてすべてをカバーする体制ができた」(藤田氏)と国内の顧客企業に対して訴えた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2470文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan