オフィスソフト

「Excel 2016」で変更すべき10の初期設定--より便利に使うための一工夫

「Excel」は、初期設定のままだと作業するうえで最も効率的な設定になっていないかもしれない。ここでは、皆さんが変更しておくべきだと思われる10の初期設定を取り上げる。

 「Word」と同様「Excel」も、初期設定のままだと作業するうえで最も効率的な設定になっていないかもしれない。新規ブックを開くたびにそうした設定を変更していれば、頻度が多いと生産性に影響しかねない。それよりも、好みの設定でそれぞれの新規ブックを開けるように、こうした設定を変更しよう。この記事では、読者の皆さんが変更しておくべきだと思われる10の初期設定を取り上げる。

 筆者はデスクトップ版の「Excel 2016」を使用しているが、これらのオプションはそれ以前のバージョンでもカスタマイズできる。ダウンロード可能なデモファイルはない。また、ブラウザ版ではこうした変更を行うことができない。

1:シート数

 新規ブックを開くと、初期設定ではシート数が3になっている。必要に応じてシートを追加したり削除したりできるが、最初に開くシートの枚数を変更することもできる。この設定は以下の手順で変更できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3908文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan