セキュリティ

Forresterが予想する2018年のサイバーセキュリティ動向

Forrester Researchは2017年のサイバーセキュリティについて、医療機関のデータ流出やIoTデバイスのサイバー攻撃などを予想していたが、それらはすべて現実となった。本記事では、2018年に予想される6つのサイバーセキュリティの動向について取り上げる。

 Forrester Researchが最近発表した報告書によると、2018年は、より多くの接続性、デジタル変革の取り組み、そしてデータと共に、多数の新しいサイバーセキュリティ脅威や状況の変化が企業にもたらされるという。

 Forresterは2016年にも2017年の見通しを提示し、米国でTrump政権の最初の100日間にサイバーセキュリティ危機が起きること、医療機関のデータ流出が小売業者のそれと同じくらい大規模かつ一般的になること、50万台以上のIoTデバイスがサイバー攻撃の被害に遭うこと、そして、セキュリティプロフェッショナルがテクノロジ分野の人材不足を補うために、セキュリティサービスとオートメーションへの投資を拡大することを予想した。それらの予想はこの1年の間に全て現実になった。

 本記事では、Forresterが2018年のサイバーセキュリティに関して予想した6つのこと、そして、組織がそのリスクを軽減するために実施できる対策を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3046文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  3. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]