SDS/ストレージ仮想化 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Scale:オブジェクトも格納できるファイルSDS--10億ペタにも対応

並列ファイルシステム「IBM Spectrum Scale」は、ファイルを格納できるほかにオブジェクトストレージとしても活用できる。Apache Hadoopの分析基盤にも活用可能。OpenStack SwiftやAmazon S3のプロトコルもサポートしている。

IBM Spectrum Scaleのポイント

  • OpenStack SwiftやAmazon S3のプロトコルもサポート
  • ファイルとオブジェクトを最適なストレージ層へ自動的に移動
  • 障害が発生したら可用性を自動的に維持するようにファイルシステムを構成

IBM Spectrum Scaleの製品解説

 「IBM Spectrum Scale」は、「IBM General Parallel File System(GPFS)」をベースとした並列ファイルシステム。ブロックストレージ機器をサポート。ファイルを格納できるほかにオブジェクトストレージとしても活用できる。Apache Hadoopのデータも格納でき、分析基盤としても活用できる。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 汎用のサーバで構成されるソフトウェア制御ストレージ(SDS)でスケールアウト型で容量を拡張できる。コンテンツリポジトリやビッグデータ分析などのデータ集約型アプリケーションのニーズに対応するように設計されている。10億ペタバイトクラスのデータと秒間数百Gバイトのスループットを超える規模に拡張できる。

 ローカル読み取り専用キャッシュは、クライアントノードに直接配置されたソリッドステートドライブ(SSD)を使用して、CPUのデータ待機時間とネットワークやストレージの全体的な負荷を減らすことでI/O性能を最大6倍に高速化できる。

 格納されるデータは全て単一のネームスペースで対応。GUIで一元的に管理できる。クラスタのプロビジョニングや構成、監視も高速化させる。RESTのAPIを使って監視や管理、構成などのプロセスも自動化できる。

 単一障害点を発生させずに、拡張性や可用性、信頼性を提供できると説明。ディスクやサーバに障害が発生した場合に可用性を自動的に維持するようにファイルシステムを構成できる。ノードやストレージ、その他のインフラでの障害から自動的に復旧するようにも構成可能だ。

 オープンソースのIaaS環境構築管理基盤ソフト「OpenStack」のコンポーネント「Swift」や「Amazon Simple Storage Service(S3)」といったオブジェクトストレージのプロトコルをサポート。パブリッククラウドやプライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのストレージとしても活用できる。仮想マシンイメージやブロックデバイス、オブジェクト、ファイルといったデータを保管場所に関係なく、単一のネームスペースに統合できる。

 情報ライフサイクル管理(ILM)にも対応する。ポリシーベースで自動化できるとともに階層化ストレージ管理でSSDやハードディスクドライブ(HDD)、テープをグループ化して階層化ストレージプールを最適化できる。

 さまざまなビジネス要件や規制要件に対応できる認証や暗号化、セキュリティ、複製などの各種オプションも用意。グローバル連携により、データセンターの場所や数を問わず、どこにいてもデータにアクセスできる。世界各地に分散しているチームのコラボレーションと効率的なリソース共有が可能となる。

IBM Spectrum Scaleのまとめ
用途と機能ファイルを格納できるほかにオブジェクトストレージとしても活用できる
特徴10億ペタバイトクラスのデータと秒間数百Gバイトのスループットを超える規模に拡張できる。オブジェクトストレージのプロトコルをサポート、パブリッククラウドやプライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのストレージとしても活用できる。ディスクやサーバに障害が発生した場合に可用性を自動的に維持するようにファイルシステムを構成できる
導入企業関西テレビ放送、日産自動車、SUBARU、東京大学医科学研究所など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  3. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]