セキュリティ

iPhone XやAmazon Echoから考える利便性とセキュリティの妥協点

iPhone XやAmazon Echoといった商品を開発する企業に問われる役割は、利便性とセキュリティの妥協点を体系化し、個人の選択肢を制限するような舞台を作ることである。大学などで政治やテクノロジ、人工知能などを議論しているGarry Kasparov氏が個人向けITの課題を考える。

 Appleが今年9月、iPhone 8/8 Plusの提供を開始し、続く11月にはiPhone Xを出荷、大きな話題となったのは周知の通りである。それぞれの製品はさまざまな観点で、最近話題の技術を反映している。

 最新のものでなくとも、テクノロジは突如として、著しい広がりを見せ、作成者の意図しない存在となってしまう。それはあたかも、研究所で生まれた新種の生物が野に放たれるようだ。そのため、こうした兆候からは、これらの進化が個人消費者のみならず、社会全体に及ぼす機会や課題をうかがい知ることができる。

 100%当てはまる訳ではないが、非常によくあるのが、利便性とセキュリティのゼロサムゲームのような状態である。単刀直入に言うと、これはロック画面のことである。

 携帯電話のロック解除でPINコードを毎回入力するのは煩わしく、場合によっては、この作業は1日数百回も繰り返される。この戦いの行く末がいかに厳しいものであるか、それを裏付ける事実として、スマートフォンユーザーの実に28%は、ロック画面を使用していないことが調査で明らかになっている。

 これはスマートフォンが万が一紛失や盗難に遭うことを考えると、とんでもなく危険な行為である。そこでメーカー側も、セキュリティを損なうことなく、より簡単に操作できる方法を試行しており、一般的にはセキュリティよりも利便性を優先する形で、さまざまな結果を残している。

 例えば、PIN番号ではなくパターンをスワイプする方法もあるし、生体認証の先駆けである指紋認証は、PINコードよりもセキュリティは劣るものの、非常にお手軽である。だが、自分自身がパスワードとなってしまっているので、もし誰かに凶器などで脅された場合のことを考えると“別の形のセキュリティ”が必要になってくるが。

 生体認証セキュリティは今や、市場で次の大きな一歩を踏み出そうとしている。iPhone Xで新たに搭載された顔認証機能「Face ID」は、現行モデルの指紋認証によるロック解除に取って代わるものだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2517文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan