MDM SSO VMware

Workspace ONE:端末の種類に関係なくさまざまなシステムにSSOで接続

「VMware Workspace ONE」は、単一のカタログとSSOでスマートフォン、タブレット、ノートPCなど端末の種類を問わず、クラウド、モバイル、ウェブ、Windowsアプリケーションに安全にアクセスできる。

VMware Workspace ONEのポイント

  • あらゆるアプリケーションやサービスをSSOで利用
  • クライアントの種類に関係なく、業務システムや社外のサービスに接続
  • セキュリティポリシーを自在に設定可能

VMware Workspace ONEの製品解説

 「VMware Workspace ONE」は、デバイスを管理、制御する「VMware AirWatch」とIDを管理する「VMware Identity Manager」の機能がセットになった製品。エンドユーザーは単一のポータルからあらゆるアプリケーションやサービスをシングルサインオン(SSO)で利用できる。

編集部おすすめの関連記事:モバイル活用の実際を聞く

  1. セルフサービス化とガイドライン化が重要に
  2. 働き方も含めた情報戦略が求められている
  3. 業務プロセス改善への契機を秘める
  4. 紛失しても申告しないという“恐怖”

 アクセス制御、アプリケーション、マルチプラットフォームのエンドポイントを統合管理。端末を問わずにあらゆるアプリケーションを配信、管理する。クラウドサービスとしての利用、またはオンプレミス環境にも展開できる。

 統合された単一のカタログとSSOでスマートフォン、タブレット、ノートPCなど端末の種類を問わず、クラウド、モバイル、ウェブ、Windowsアプリケーションに安全にアクセスできる。私物端末の業務利用(BYOD)から会社支給のモバイルまであらゆるデバイスをひとつのプラットフォームで管理しながら、従業員のプライバシーも保護する。

 管理者はユーザーアカウントと利用デバイスに対してさまざまなポリシーを設定して統合ポータルに加えて端末やアプリケーション、サービス、メールなどに対してセキュリティポリシーを自在に設定できる。

Identity ManagerでさまざまなアプリケーションやサービスにSSOでアクセスできる(出典:ネットワールド)
Identity Managerの機能でさまざまなアプリケーションやサービスにSSOでアクセスできる(出典:ネットワールド)
AirWatchの機能でデバイスを管理、制御する(出典:ネットワールド)
AirWatchの機能でデバイスを管理、制御する(出典:ネットワールド)
Workspace ONEのまとめ
用途と機能デバイスを管理、制御する「AirWatch」とIDを管理する「Identity Manager」の機能がセット
特徴統合された単一のカタログとSSOでスマートフォン、タブレット、ノートPCなど端末の種類を問わず、クラウド、モバイル、ウェブ、Windowsアプリケーションに安全にアクセス可能

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan