IoT ミドルウェア アステリア

Gravio:センサデータの加工や連携を一元処理するエッジ向けミドルウェア

IoTのエッジコンピューティング用ミドルウェア「Gravio」は、センサなどのIoT端末から送信されるデータの加工や連携をエッジで一元的に処理する。さまざまな通信手順に対応。IoT端末の作動も制御できる。

Gravioのポイント

  • データの加工や連携といった処理をエッジで一元化
  • RS-232CからEnOceanまでの通信手順でIoT端末と接続
  • エリア内に設置されたIoT端末の状態を俯瞰で画面上に表示

Gravioの製品解説

 インフォテリアの「Gravio(グラヴィオ)」は、IoTでのエッジコンピューティング用ミドルウェア。Windows 10で動作する。

編集部おすすめの関連記事

 センサから送信されるデータの加工や連携といった処理をエッジコンピュータで一元的に担う。センサなどのIoT端末に命令を出して作動を制御できる。シリアルポートのインターフェース規格であるRS-232Cからマイクロ環境発電で動作する低消費電力無線技術のEnOceanまでの多様な通信手順でIoT端末と接続できる。

 エリア内に設置されたIoT端末の状態を俯瞰で画面上に表示するレイアウトビューを実装。蓄積されたデータに対して平均値や合計値の計算などさまざまに演算できる。また、データからレポートを作成したり、他のシステムへ送信したりするといった処理をグラフィカルに作成することもできる。

Gravioシステム概要(出典:インフォテリア)
Gravioシステム概要(出典:インフォテリア)

(出典:インフォテリア)
Gravioのまとめ
用途と機能センサなどIoT端末のデータをエッジで一元的に加工、連携
特徴IoT端末に命令を出して作動を制御可能。エリア内に設置されたIoT端末の状態を俯瞰で画面上に表示可能。データからレポートを作成したり、他のシステムへ送信したりするといった処理をグラフィカルに作成することもできる
税別料金ベーシック:無料、スタンダード月額2万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]