コンバージド・ハイパーコンバージド 日本ヒューレット・パッカード

HPE SimpliVity:専用ハードでI/Oを高速化させるハイパーコンバージド

ハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity」は、専用ハードウェアがI/Oの処理をオフロードして、ボトルネックを解消。CPUやメモリのリソースが奪われないことで処理の安定性を高めている。

HPE SimpliVityのポイント

  • 専用ハードウェアがI/Oネットワーク処理をオフロード
  • 重複排除や圧縮の処理にCPUやメモリのリソースは奪われない
  • WAN高速化やバックアップ用のハードやソフトなども標準で搭載

HPE SimpliVityの製品解説

 日本ヒューレット・パッカードの「HPE SimpliVity」は、ハイパーバイザ「VMware vSphere」で仮想化したマシンを集約、格納するハイパーコンバージドインフラ(HCI)。管理ツール「VMware vCenter」で統合管理、x86サーバ「ProLiant DL380」がベースとなっている。

編集部おすすめの関連記事

 ハードウェアのアクセラレータとRAIDコントローラが搭載され、ハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SSD)で構成されるストレージの処理を担うことで、HCIでボトルネックになりがちだった、サーバとストレージの間のI/Oネットワークを高速化させる。

 アクセラレータは、256~8192Kバイト単位で計算される重複排除や圧縮を最大1000倍で処理できる。アクセラレータに重複排除や圧縮の処理をオフロードすることでCPUやメモリのリソースが奪われることがない。FPGAで実装されていることから、機能もアップデート可能だ。

 サーバとストレージは統合されている。加えて、WAN高速化やバックアップ用のストレージとサーバ、ソフトウェア、事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策といったソフトウェアも標準で搭載されている。

HPE SimpliVityのまとめ
用途と機能仮想マシンを集約したハイパーコンバージド。サーバやクライアントを統合できる
特徴専用ハードウェアでI/Oネットワークのボトルネックを解消。WAN高速化やバックアップ用、BCP/DRのハードとソフトを標準で搭載
導入事例Altrecht、Blundstone、NewPageなど

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan