アマゾン ジャパン Amazon AWS

アマゾンが考えるテック業界の流れ--「AWS re:Invent 2017」で示された4つの指針

アマゾンの最高技術責任者(CTO)による「AWS re:Invent 2017」基調講演は、大半が同社製品に焦点を当てたものだったが、テクノロジ業界全体に影響を与えるような予測についても含まれていた。ここでは、ビジネスリーダーが注目すべき指針を4つ紹介する。

 Amazon Web Services(AWS)は、顧客が2020年に提供するシステムを強固なものにするツールをいま開発したいと考えている。Amazonの最高技術責任者(CTO)であるWerner Vogels氏が、ラスベガスで開催されたカンファレンス「AWS re:Invent 2017」の基調講演にて明らかにした。

 Vogels氏の講演は、同氏が21世紀のアーキテクチャと位置づけているものにフォーカスした内容だった。Vogels氏は、クラウドが「平等主義的なプラットフォーム」を作り出したとしており、より民主的に次世代の技術にアクセスできるようになったと語る。Vogels氏が話した内容はほぼAmazonの製品に焦点を当てたものだったが、テクノロジ業界全体に影響を与えるような予測についても含まれていた。

 ここで、同基調講演の中からビジネスリーダーが注目すべき指針を4つ紹介しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1472文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]