ビッグデータ解析 クラウド

中小企業でのビッグデータ導入--成功に向けたベストプラクティス

中小企業にとって、ビッグデータとアナリティクスの導入にはハードルが多い。コストや複雑さといった問題を乗り越えて導入を成功させるためのベストプラクティスを3つ紹介する。

 ビッグデータとアナリティクスの導入は、成熟した段階に入りつつある。

 これは朗報だ。特に、導入を進めているが社内のビッグデータ用アーキテクチャの定義がうまくいっていない中堅中小企業(SMB)にとっては、好材料となるだろう。

 ビッグデータとアナリティクスにまたがるアーキテクチャをどのように定義すればいいのか、はっきりしていないことが、SMBでビッグデータとアナリティクスの導入が遅れている一因だ。SMBは様子見を決め込むことが多く、ハイブリッドコンピューティングやデータマート、マスターデータベース、セキュリティとガバナンスの管理といったトレンドがどのように推移していくかを見守ってきた。

 だが、誰もが採用できる新しいベストプラクティスのデータアーキテクチャが、ようやく登場したようだ。このアーキテクチャは以下のような構成になっている:

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1908文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  3. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan