ビッグデータ解析 クラウド

中小企業でのビッグデータ導入--成功に向けたベストプラクティス

中小企業にとって、ビッグデータとアナリティクスの導入にはハードルが多い。コストや複雑さといった問題を乗り越えて導入を成功させるためのベストプラクティスを3つ紹介する。

 ビッグデータとアナリティクスの導入は、成熟した段階に入りつつある。

 これは朗報だ。特に、導入を進めているが社内のビッグデータ用アーキテクチャの定義がうまくいっていない中堅中小企業(SMB)にとっては、好材料となるだろう。

 ビッグデータとアナリティクスにまたがるアーキテクチャをどのように定義すればいいのか、はっきりしていないことが、SMBでビッグデータとアナリティクスの導入が遅れている一因だ。SMBは様子見を決め込むことが多く、ハイブリッドコンピューティングやデータマート、マスターデータベース、セキュリティとガバナンスの管理といったトレンドがどのように推移していくかを見守ってきた。

 だが、誰もが採用できる新しいベストプラクティスのデータアーキテクチャが、ようやく登場したようだ。このアーキテクチャは以下のような構成になっている:

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1908文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]