ストレージ 運用管理 日本アイ・ビー・エム

IBM Spectrum Control:フラッシュやSANなどにも対応するストレージ監視

ストレージ監視「IBM Spectrum Control」は可用性を監視するとともにレポーティングもする。プロビジョニングなどを自動化、将来の容量なども予測する。アプリケーションの性能改善策につなげることが可能だ。

IBM Spectrum Controlのポイント

  • ストレージを監視してアプリケーションの性能を改善
  • プロビジョニングを自動化可能
  • 使い方などを分析して階層型ストレージを最適化可能

IBM Spectrum Controlの製品解説

 「IBM Spectrum Control」は、マルチベンダーのストレージを監視するとともに自動化や分析といった機能でアプリケーションの性能を改善する。プロビジョニングや階層の最適化、性能管理、データ複製のプロセスを簡素化する。「IBM Spectrum Storage」ファミリに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 ソリッドステートドライブ(SSD)で構成されるフラッシュストレージやSANストレージ、ソフトウェア制御ストレージ(SDS)、ファイルストレージ、オブジェクトストレージなどを単一制御点から監視する。ポートやスイッチ、SANファブリックなどを含めたストレージ環境全体も監視できる。

 プロビジョニングは複数の管理インターフェースとAPIをサポートして自動化可能。ストレージが出すアラートには自動的に応答可能であり、障害の根本的原因を高速に分析することもできる。階層型の最適化では、臆測ではなく、実際に分析してデータを正しいストレージ層に保持するようにする。

 分析することでストレージ層の中での負荷分散、ストレージの容量が将来どうなるかも予測できるようになる。

IBM Spectrum Controlのまとめ
用途と機能ストレージを監視、容量などを分析、階層でのデータ移動などのプロセスも自動化
特徴フラッシュやSANストレージ、オブジェクトストレージなどを単一画面で監視。ストレージ内のデータを分析して階層化ストレージも最適化できる
導入事例ローソン、キヤノンマーケティングジャパンほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]